会社概要・アクセス

村田の記事一覧
氏名:村田
担当業務:営業

自己紹介:土地活用に対するお客様の目的やお悩み、 価値観を共有させていただきたいので、しっかりお話を伺います。お悩み、ご要望、何でも仰ってください。どんな些細なことでも、誠実に対応します!

村田の記事をご覧ください

記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.12.14

2017年の小江戸塾を振り返る

皆さん、こんにちは。

今年も残すところ3週間を切りました。
年末ということで、過去のブログを見返しながら、
2017年の小江戸塾を振り返っていきたいと思います!

まずは、新年早々、トランプ大統領が就任した1月、
財間先生による「遺言」のセミナーを開催しました。
過去数回、遺言をテーマにしたセミナーを開催していますが、
この回は過去最多のご参加があり、皆さんの関心の高さが伺えました。

そして、こんなエピソードが印象的でした。
財間先生の事務所にふらっとお客様が来て
「遺言の雛形を下さい」と言われたことがあったそうです。
それに対して、先生は「遺言の雛形はないです」と答えたそうです。
遺言はあくまで想いを遺す手段であり、
財産も、相続人も、事情もそれぞれに異なるとうことですね。

続いて、眞子様のご婚約が報じられた5月、
初めて「片付け」をテーマに開催しました。

今や社会問題になりつつあると言われている「実家の片付け」。
高齢な親を持つ子供としては、「元気なうちに片付けをして欲しい」と望むところですが、
現実には上手くいかず、喧嘩になってしまって諦めてしまうケースが多いそうです。
その原因として多いのが親子間での物に対する考え方、価値観に違いですが、
それをどのように乗り越えるか、心構えや方法について戸田先生から教えて頂きました。
資産か物か形は違っても、不要なもの、残したいものをしっかり色分けすること、
それはまさに相続対策ですね。

そして、上野のパンダ「シンシン」の誕生に沸く7月、
「カラーテクニック講座」を開催しました。
色の専門家として、テレビにも出ていらっしゃる二宮恵理子先生による講演でした。
二宮先生の鮮やかな真っ赤なワンピース姿が印象的でしたね。

普段何気なく選んでいる色には様々な印象があるということ。
温かい、寒い、さわやか、派手、広い、狭い、若々しい、都会的、高級感など、
様々な印象を作り出すことができます。
色を上手く使うことで、お金をかけずとも入居者に選ばれるように
物件の印象を自在に変えることができます。
外壁や、部屋の壁紙の色選びがもっと楽しくなる、そんなセミナーでした。

皆さま、今年の小江戸塾はいかがでしたでしょうか?
来年も皆様に「来て良かった!」「役に立った!」と言っていただける
勉強会にしていきたいと思います。

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.11.19

第60回小江戸塾と交流会を開催しました

皆さん、こんにちは。

11/18(土)、川越プリンスホテルにて、
第60回小江戸塾と交流会を開催しました。
今回は60回記念ということもあり、寒い中でしたが50名近くの多数のお客様にご来場頂き、
大盛況のうちに終了することが出来ました。
ご来場頂いた皆さま、ありがとうございました!

川木建設の土地活用セミナー「小江戸塾」

川木建設の土地活用セミナー「小江戸塾」地主様交流会
セミナー後に行われた交流会も大盛り上がりで、
皆様と楽しいひと時を過ごすことができました!

川木建設の土地活用セミナー「小江戸塾」講師 岡本誠司先生
小江戸塾は“60”回、岡本先生も“60”歳ということで、
お決まりの赤いちゃんちゃんこのお祝いです!

さて、今回のセミナーでは相続対策に関連して、
「介護の先に相続が発生する」というお話がありました。
レジュメにもありました通り、厚生労働省によると
いわゆる介護期間である「自立生活困難期間」は男性で平均9.13年間、
女性で12.68年間という統計データがあるそうです。

「介護の先に相続が発生する」という言葉にもある通り、
介護状態や、認知症になってから相続発生というのが普通であって、
普通に生活していて、ある日突然亡くなるというケースは少ないのかもしれません。

そう考えますと、相続対策までに実質的に残された時間はあまり多くはないとも言えます。
介護状態や、認知症になってしまうと相続対策として出来ることは減ってしまいます。

自立生活困難期間と、日本人の平均寿命とを掛け合わせて計算しますと、
男性は80歳-9年間=71歳、女性ですと87歳-12年間=75歳となります。
人の命はいつどうなるか、誰にもわかりませんが、
数字としては最低ここまでには相続対策を終えておく必要があると言えます。
やはりよく言われている通り、今がお元気であったとしても、
相続対策は早いに越したことはないですね。

是非、相続対策はお元気なうちにご相談ください。
川木建設の「不動産相続の相談窓口」までお気軽にどうぞ!

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.10.22

次回小江戸塾は「知識不足は資産を減らす」です

皆様、こんにちは。

来月11月は小江戸塾の開催月です。
小江戸塾は次回で何と、記念すべき60回を迎えます!
年6回のセミナーですので、次回でちょうど10年を迎えることになります。
皆様のご愛顧、誠にありがとうございます。

記念すべき次回のテーマは、小江戸塾ではおなじみ
資産活用大学主宰 岡本誠司先生による「知識不足は資産を減らす」です。

「知識不足は資産を減らす」
思い返せば今から10年前、第一回目のセミナーもこのタイトルでした。
過去にも数回講演をされていますので、
いつもご参加いただいている皆様にはお馴染みのテーマですね。

改めて、この「知識不足は資産を減らす」シリーズについてご説明しますと、
毎回90分の講演時間で土地活用や相続、賃貸経営に役立つヒント(毎回25項目程度)について
お伝えをするセミナーです。
岡本先生ならではの要点を凝縮したテンポの良い解説や、
わかりやすいレジュメも人気で、受講された皆様からは内容はもちろんのこと、
土地活用や相続、賃貸経営の様々な気付きを得られると毎回好評を頂いているシリーズです。

第一回目のセミナーから10年経ち、同じタイトルでの開催となりますが、
「知識不足は資産を減らす」この言葉の意味するところは、当然今も全くも変わりません。
しかし、地主様、大家様を取り巻く環境は大きく変わってきています。
相続税が増税となり、民事信託も一般化してきました。
このような環境の変化について、90分の講演を聞くだけで一度にいろいろ学べる、
いわば、ダイジェスト版というべきセミナーはとても重宝されています。
これを聞くだけで、最新の情報や、世の中の流れについての知識を得られる、
そんな安心感も同タイトルにファンが多い理由の一つでしょうか。

初めての方も、いつもご参加されている方も、
はたまた足は遠ざかってしまった方も、是非ご参加ください。
資産を減らさないために、一緒に勉強をしていきましょう!
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.09.24

10/1(日)ルネスマンション構造見学会を開催します

皆さんこんにちは。
今日は怖い怖い火災の話です。
突然ですが、皆さんは県内で年間にどの程度の建物火災が発生しているかご存知ですか?
答えは、年間1000件以上です。
また、毎年70名以上の方が火災によって亡くなっています。

火災というのは賃貸経営にとっても怖いリスクです。
記憶に新しいところでは、先日の秋田でのアパート火災でしょうか。
午前1時頃に出た火は瞬く間に広がり、アパートの入居者5人の命を奪いました。

特に、深夜の火災で大きな被害が出ることは想像に難しくありません。
就寝中だったため、出火に気付かず初期消化や避難が遅れてしまったり、
暗い中では避難もままならないかもしれません。

一度火災が発生すれば、その被害は建物だけには限りません。
火災保険を掛けておくことで、建物や家財は保証されますが、
入居者の方の平穏な生活は壊され、大切な人命は戻ってきません。

この様な賃貸経営のリスク「火災」による被害を軽減するためには、
建物の工法選びも大切です。
アパート・マンションの構造は、鉄筋コンクリート造、重量鉄骨造、軽量鉄骨造、
木造と色々あり、それぞれに良さがありますが、
中でも、耐火性に優れた工法と言われるのは「鉄筋コンクリート造」です。

一度火災が発生すると、1000度にも達する熱が発生すると言われていますが、
鉄筋コンクリート造では、そのような高温の熱や炎にさらされたとしても、
燃えることがありませんし、強度も下がりません。
また、熱せされて有毒なガスが発生することがありません。

今回の構造見学会では、ルネスマンションの工法とともに、
鉄筋コンクリート造の強固な構造についてもご説明させて頂きます。
是非皆様のご来場をお待ちしております。

⇒構造見学会のご案内はこちら

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.08.21

不動産オーナーのための相続事例セミナーを開催します。

皆さん、こんにちは。
月初から続いた長雨から一転、夏の暑さが戻ってきました!
皆様いかがお過ごしでしょうか?急激な気温の変化で体調を崩しやすくなっています。
くれぐれもお体に気を付けてお過ごしください。

さて、まだまだ暑さの続く来週9/2(土)に第59回小江戸塾
「不動産オーナーのための相続事例セミナー」を開催します。

過去、小江戸塾でも数多くの相続セミナーを開催してきましたが、今回は一味違います。
今回の講師、大澤先生は不動産会社の現場で不動産相続のプロとして活躍されてきた先生です。
世の中、不動産のプロの方、相続手続きのプロの方、相続税のプロの方はいらっしゃいますが、
「不動産相続のプロ」という方には、私もあまりお目にかかったことはありません。
日本人の相続財産のうち、約7割が不動産資産と言われています。
不動産としての価値をしっかり理解して、有効活用をしながらも、円満な相続ができるように
最適な提案をする・・・相続にも詳しくて、不動産にも詳しい先生だからこそできる
アドバイスがあります。今回のセミナーでは、長年の現場経験で得られた成功事例や、
逆にトラブルになってしまったケースなど、事例を通じて、皆様と一緒に
相続対策の大切さについて学んでいきたいと思います。

皆様のご参加をお待ちしております。

詳しくはこちら

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.07.23

来年の小江戸塾はワクワクで!

皆さんこんにちは。

先日、来年の小江戸塾のテーマについて打ち合わせをしました。
ちょっと早いようですが、講師への打診など、来年の準備に取り掛かり始めたところです。

来年のテーマですが、60回近くも開催していますと定番のテーマは何度か取り上げていますし、
いよいよ新しい題材を見つけるのも難しくなってきているところではありますが、
皆さんに喜んで頂けるセミナーになるよう、日夜アンテナを張り、知恵を絞って考えております。

そんな折、先日お会いした行政書士の財間先生から
「来年のテーマはワクワクで行こうよ」というアドバイスを頂きました。・・・ワクワク!?
賃貸オーナー様の一番の関心ごとは「相続」や、「税金」についてですが、
どうしてもトラブルや、リスクについてのお話が多く出てきます。
もちろん、それは必要なことではありますが、ちょっと重い気持ちになってしまいますね。
そんな重いテーマを取り上げる一方で、ワクワクするような、言い換えれば
前向きに賃貸経営ができるようなテーマも企画していきたいと思います。

「賃貸経営は大変」とは言いながらも、楽しみながら経営されている方は多くいらっしゃいます。
「小江戸塾に来ると元気がでる」、「前向きになれる」、「賃貸経営をしたくなる」…!?
来年はそんなテーマも取り入れていきたいと思っています。
どこまで実現できるかはわかりませんが・・・というわけで、ちょっと早いですが、
来年の小江戸塾を楽しみにしていてください。

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.06.25

7/8(土)カラーテクニック講座を開催します!

皆さん、こんにちは。
次回、7/8(土)の小江戸塾は「カラーテクニック講座」です。
色の専門家として、テレビや講演でも有名な二宮恵理子先生をお呼びして開催します。

皆さんはどのように「色」を選んでいらっしゃいますか?
例えば毎日着る服やネクタイ、これはその日の気分や、目的で決められそうですが、
これがアパートの外壁の色や、部屋の壁紙の色となればどうでしょうか?
何だか、とても難しく感じるのは私だけでしょうか?

悩んだ挙句に、どのように選んでよいかわからないと、
どうしても無難な選択をしてしまいがちです。

ご存知のとおり、色には様々な印象があります。
温かい、寒い、さわやか、派手、広い、狭い、若々しい、都会的、高級感など、
例を挙げるときりがないくらい、様々な印象を作り出すことができます。

これを賃貸経営に応用するならば、例えば外壁や壁紙の色を選ぶ際に、
ちょっとしたテクニックを使うことで、
お金をかけずとも、入居者に選ばれるよう、物件の印象を自在に変えることができます。

是非、小江戸塾でカラーテクニックを学んで、
無難な色選びから脱出しませんか?

皆様のご参加をお待ちしております。
次回小江戸塾ついて、詳しくはこちらをご覧ください!

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.05.24

賃貸住宅の省エネ性能

皆さん、こんにちは。
ここ数年、住宅の性能、とりわけ省エネ性能がより一層注目されるようになってきました。
最近はゼッチという言葉もよく耳にしますが、皆さんはご存知でしょうか?
アルファベットでZEHと書くそうですが、これはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、
簡単に言うと、太陽光発電など住宅で作るエネルギーと、使うエネルギーの差し引きが
正味ゼロになるという家です。
せっかく、太陽光発電などでエネルギーを作っても、
それを浪費してしまうような家では差し引きがゼロにはなかなかできませんね。
そこで、住宅の省エネ性能にも目が向けられているようです。

住宅の省エネ性能といえば、大切なのは断熱性です。
断熱性を上げることで、エアコンや床暖房で温めた熱が逃げにくい家にすることができます。
特に、外と中との寒暖の差が大きい冬場にはハッキリと効果が体感できるようです。
断熱性の高い家では、例えば寒い冬の深夜、トイレに立つとき布団から出ても寒くないそうです。
これは、暖房を止めてあったとしても、熱が逃げにくいからです。
また、家の中の温度差も少なく保たれるため、廊下に出ても寒くありません。
このように断熱性の高い家にすることはストレスの少ない快適な暮らしにつながります。

さて、川木建設の賃貸住宅の断熱性はどうでしょうか?
住宅の断熱性能を示す指標にUA値というものがあります。
各部分から逃げる熱損失を合計し、外皮面積(外壁、床、天井、屋根、窓、ドアなど)で割って求めた値で、
数値が小さいほど性能が高いことを表します。
断熱材に「デコスドライ」を使っているユニキューブの場合、「0.6」というUA値です。
これは、2020年省エネ基準の0.87を上回り、
国が進める次世代の住宅ZEH基準の合致するほどの高性能となっています。
快適な住まいを作ることは入居者の満足、ひいてはオーナー様の満室経営につながります。
これからの時代は、一般の住宅では当たり前に注目されてきている「省エネ性能」や
「断熱性」も重要な部屋選びの要素となってくるはずです。

次世代省エネルギー基準を満たす高性能賃貸住宅 戸建賃貸ユニキューブ

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.04.22

実家の片付け&生前整理セミナー

皆さん、こんにちは。

次回、5/20(土)の小江戸塾では、初めて「片付け」をテーマにセミナーを開催します。
題して、「実家の片付け&生前整理セミナー」です。

今や社会問題になりつつあると言われている「実家の片付け」。
高齢な親を持つ子供としては、「元気なうちに片付けをして欲しい」というのは
誰もが望むところではないでしょうか。
本屋に行けば、収納や断捨離の本と並んで、
実家の片付けをテーマにしたものが沢山並んでいます。
しかし、現実には上手くケースは多くないようです。

その理由としては、親子間での物に対する考え方や価値観に違いや、
体力的な事情、あるいは、そもそも進め方がわからないなど、様々な要因があるようです。
中でも、よくあるのは、話をしたが親子間で喧嘩になってしまって諦めるというケースです。

相続対策においては「生前の整理、整頓」これが重要なテーマです。
資産か物か形は違っても、不要なもの、残したいものをしっかり色分けすることは
同じではないでしょうか。
今回のセミナーを通じて、資産だけではなく、物にも目を向けて頂ければ幸いです。

今は、物を捨てるにもお金がかかる時代ですし、いざ片付けを始めようにも、
大変な労力や、膨大な時間もかかります。
ご本人がいなくなった後にこれをやろうとすれば、もっと大変なことでしょう。
実家の片付け、特に親の世代の皆様には何とも耳の痛いお話かもしれませんが、
これは双方の理解があってはじめて上手く進められるものです。

是非親子で一緒に受講していだき、お話のきっかけにしていただければ、幸いです。
きっと円満な相続につながっていくはずです。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.03.24

街並み完成見学会を開催します

皆さん、こんにちは。

以前、ブログでご紹介させて頂いた戸建賃貸とアパート
全14棟のビッグプロジェクト「ユニキューブ上広谷」の
二度目の完成見学会を4/2(日)に開催します。

全14棟のうち、いよいよ9棟目まで完成予定ということで、
現地はだいぶ街並みが出来上がってまいりました。

戸建賃貸ユニキューブによる街並みが完成

今回は「街並み完成見学会」と題して、
建物だけではなく、街並みも一緒にお楽しみいただける見学会となっております。

入居状況は、現在、既に10部屋お申込を頂いており、順調です!
残りはモデルを含め3棟ということで、満室まで間もなくです!

鶴ヶ島市に初完成する、中庭付きメゾネットタイプアパート「エコパティオ」

今回は中庭付きテラスハウスの「エコパティオ」も同時にご覧いただけます。

是非この機会に戸建賃貸「ユニキューブ」と、
エコパティオの、それぞれタイプの違う2つの物件をご覧になりませんか?

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

⇒見学会のご案内はこちらをご覧ください

この記事のみを表示する(印刷用)
  • 川木建設の施工実績
  • 川木建設物件のオーナー様の声

お問合せ