会社概要・アクセス

村田の記事一覧
氏名:村田
担当業務:土地活用コンサルタント

自己紹介:土地活用に対するお客様の目的やお悩み、 価値観を共有させていただきたいので、しっかりお話を伺います。お悩み、ご要望、何でも仰ってください。どんな些細なことでも、誠実に対応します!

村田の記事をご覧ください

記入者: 村田
担当業務: 土地活用コンサルタント
2018.07.05

7/28(土)小江戸塾を開催します!

皆さん、こんにちは。
梅雨も早々に明け、もう真夏のような暑さが続いておりますが、
いかがお過ごしでしょうか?
特に熱中症には注意が必要な時期ですので、
水分と塩分はしっかりとって頂いて、くれぐれもご自愛ください。

川木建設PMチーム スタッフブログ

さて、今月7月は小江戸塾の開催月です。

7/28(土)は、オーナーズエージェント株式会社の今井先生をお呼びして、
「イマドキの入居者様が求める お部屋選びの傾向と対策」をテーマに講演をして頂きます。

傾向と対策…と聞くと、何だか試験勉強のようですね。
賃貸業界では、年明けから4月までの繁忙期と、
その次にお部屋が決まりやすいのは、秋口と言われています。

現在空室を抱えているオーナー様は、是非とも秋口には
入居者様を確保したいところです。

とは言え、その秋口の本番までは残り約1か月…。
空室対策を実施するならば、今がギリギリのタイミングと言えます。

タイトルに「イマドキの」と謳っているように、
今回も賃貸業界の最新事情も交えてお話をして頂きます。

・住みたい部屋を絞り込むインターネット情報
・築年数への関心はどのくらい?
・家賃をあげられる設備はこれだ!
・入居者が求める設備、嫌がる設備
・「不動産テクノロジー」とは?

大家さんはもちろん、これから賃貸住宅を建築予定の方も必見の内容です。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

お申込みはこちら

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2018.06.09

小江戸塾ニュース6月号が発行されました

皆さん、こんにちは。

オーナー様に賃貸経営に関する旬な話題や、
役立つ情報をお伝えしている「小江戸塾ニュース」の最新号、6月号が発行されました!

川木建設PMチームの月刊情報誌 小江戸塾ニュース6月号

ご希望の方には無料でお送りさせて頂いております。
お申込みはこちらのページよりどうぞ。

今月号の掲載内容をご紹介いたします。

「1階の部屋でも魅力的に!
夏の外構対策でイメージアップ」

皆さまの物件では、「外構」を上手に活用して
入居促進や、イメージアップにつなげられていますか?
今回の記事では7つの具体的な対策が紹介されています。

「契約マメ知識
インターネット契約の時代がやってくる!」

大家様にとって身近な「賃貸借契約書」もいよいよ電子契約の時代に!?
メリットと、注意点について紹介されています。

「タバコだけじゃない!
いまどきの「においトラブル」事情」

窓を開けることが多くなるこの季節は、においのトラブルも増える季節です。
今どきのにおいトラブル事情と、その対策とは!?

今月号も気になる記事が盛りだくさんですね!

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2018.05.10

5/26小江戸塾は「賃貸住宅の省エネ」を取り上げます

皆さん、こんにちは。

次回5/26(土)の小江戸塾は、「賃貸住宅の省エネ」をテーマに開催します。
昨今の住宅の省エネ、高断熱化の流れに続いて、
賃貸住宅もまた大きく変わろうとしています。
その一つのきっかけが2020年から始まると言われている省エネ基準の義務化です。

川木建設でも賃貸住宅の省エネ、高断熱化には力をいれていますが、
世の中まだまだ取り込みが遅れていると言われています。

ではなぜ、賃貸住宅では遅々として進まないのか・・・?
その理由の一つは、借りる方(入居者様)と貸す方(オーナー様)との間で
利害が一致しないからと言われています。
入居者様はより快適な賃貸に住みたいと考えます。
一方で、オーナー様は事業性を考えなければいけませんので、
建物を少しでも安く仕上げたいと考えます。
投資に見合ったリターン、つまり性能を上げた分だけ賃料が上がれば良いのですが、
残念ながら省エネや、断熱性など、目に見えない部分へ投資は
入居者様に伝わりにくいのが現実です。
結果、他の設備への投資を優先してしまう状況です。

この状態を「スプリット・インセンティブ」というそうですが、
賃貸住宅で省エネ化が進んでいかない要因です。

しかし、時代は変化してきています。
住宅の次世代省エネ制度が始まったのが平成11年ですが、
そこから住宅の省エネ、断熱性能は急速に高まってきました。
制度開始から約20年たちます。
今、独立して、賃貸暮らしを始める若い世代は、
次世代省エネの断熱性の高い家で育った方も多いことと思います。
その方たちがいざ、賃貸暮らしを始めたときに
「あれ?なんでこんなに寒いの?」と疑問を持つかもしれません。
それが理由で退去につながることも考えられます。
断熱性の高い家で育っているからこそ、違いがわかる方たちです。

省エネだから賃料は上がるということはおそらく無いとは思います。
しかし、省エネの優先度は年々上がっていくことは間違いなさそうです。
賃貸におけるウォシュレットがそうであるように、
もう省エネも「ついてて当たり前」「あって当たり前の」の時代になりそうです。

次回のセミナーではそのような時代の流れから、
国の政策、世の中の流れを解説させて頂きます。
オーナー様必見の内容です。是非皆様のご参加をお待ちしております。

次回小江戸塾セミナーの詳細はこちら


2現場同時開催 賃貸経営見学会 新築のアパート・戸建賃貸住宅を2日間限定で同時公開します。満室経営を実現する賃貸住宅を、ぜひご覧ください!


地主様・家主様 2020年 新築住宅の「省エネ基準」義務化! 「省エネ」で変わる!これからの賃貸市場


川越エリアの相続相談なら、川木建設の不動産のプロにおまかせ 不動産相続の相談窓口

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2018.04.15

レッツ トライ!

皆さん、こんにちは。

小江戸塾でお馴染みの岡本誠司先生から
このような資料をいただきました。

川木建設の土地活用セミナー 資産活用大学小江戸塾 問題集

前回の先生の講演でも紹介がありました
「資産活用大学 総合問題集」です。

過去の小江戸塾での講演から、税務、法務、保険、金融、
民事信託、不動産、建築の各テーマごとに選ばれた問題
全28問からなる確認テストです。

我こそは実力試しにチャレンジしたいという方や、
これを機に今までの振り返りをしてみたいとお考えの皆さん、
是非試してみてはいかがでしょうか!?

ご希望の方はこちらのフォームから
その他質問欄に「資産活用大学 問題集希望」と書いて
お問い合わせいただくか、または、小江戸塾事務局まで直接申し付けください。

斯く言う私は、テストはどうも苦手ですが、
知識の定着に効果があるのは間違いなさそうなので、チャレンジしてみたいと思います!

もちろん、せっかく解くからには皆さんとともに満点を目指したいところですが、
テキストを読み返しながら気軽に、はたまた仲間同士でお喋りしながら
過去の講義を思い出して、振り返ってみることで
楽しみながらも、新たな気づきや発見を得られるかもしれません。

皆さまの資産活用にお役立ていただければ幸いです。

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2018.03.12

小江戸塾ニュースを振り返る

皆様、こんにちは。
春も近づき、寒暖を繰り返す季節になりましたが、
いかがお過ごしでしょうか?
コートを脱ぎたくなるような暖かい日もあれば、
真冬のような寒さに逆戻りしたりと・・・
まさに、三寒四温の毎日ですが、風邪などひかないようにお気をつけください!

さて、今日は小江戸塾ニュースのお話です。
川木建設では、毎月お客様にこのようなニュースレターをお送りしています。

川木建設の土地活用・賃貸経営情報誌 小江戸塾ニュース

毎号賃貸経営に関する旬な話題や、
役立つ情報を取り上げて、お伝えしています。

2014年8月からスタートして、約3年半となりますが、
有難いことに、お客様から話題にして頂く機会も徐々に増えてきています。

そんな小江戸塾ニュースの過去のテーマ
約2年分の見出しを下記に一覧でまとめてみました。

もし、気になるテーマや、読んでみたい内容がありましたら、
お気軽に小江戸塾事務局(0120-5810-11)までお問合せください。

また、定期購読をご希望の方には、小江戸塾ニュースを
賃貸経営に役立つイベント案内とともに定期的にお送りいたします。

定期購読はこちらからもお申込み頂けます。


【過去のテーマ一覧】

2018年3月
・民法改正と賃貸経営の影響を探る!
・現状回復トラブルQ&A
・即効性のある空室対策7選

2018年2月
・賃貸経営にかかる税金基礎知識
・「判子(ハンコ)」の種類と役割
・オンシーズンに間に合う空室対策

2018年1月
・2018年の賃貸市況がわかるキーワード7選
・そもそも「Iot」ってなに?
・正しく申告、賢く節税「青色申告」のメリットと手順

2017年12月
・知って安心・賢く準備!確定申告Q&A
・ワンポイントコラム「インターネット無料」人気の理由を探る
・騒音、気温、多湿…不満ランキングから考える空室対策

2017年11月
・満室経営のヒント 人気設備ランキング2017発表!
・相続マメ知識 「相続登記しないとどうなる!?」
・空き巣が増える秋に考える 防犯3大ポイント

2017年10月
・繁忙期前に実践! 「次代遅れの間取り」対策
・契約マメ知識 「署名」と「記名」の違い
・少ない費用で効果大! 「壁のアレンジ」で空室対策

2017年9月
・法令違反は所有者にも責任! 「消防点検」で火災リスクに備える
・安全+αの多機能 「窓フィルム」で空室対策
・いくらかかる?いくら出る? 地震保険の基礎知識

2017年8月
・「相続」で「争族」にならないために…ありがちトラブル事例に学ぶ相続対策
・付加価値いろいろ 夏の必需品「納戸」で空室対策
・相続をスマートかつ円満に 「遺言書」のススメ

2017年7月
・放置するとリスクいっぱい 「空き家」積極活用のススメ
・TOPICS!賃貸経営 民法改正の3大ポイント
・小さな積み重ね大きな違いに! LEDで経費節減

2017年6月
・「カーブアピール」で差をつけ 好印象の外観を作る!
・ピーク前のエアコン交換で 空室対策のススメ
・高齢者の5人に1人が認知症に?定年のない賃貸経営者は「委任契約」で認知症対策を

2017年5月
・雨漏りしてからでは遅い!梅雨入り前のメンテナンスのススメ
・梅雨時のお悩み解決!室内物干しで空室対策
・大手も参入続々!話題の「駐車場シェアリング」の魅力

2017年4月
・家賃?リノベ?数字で判断! 春から始める満室経営シミュレーション
・生命保険の名義で違う知らないと損する税金基礎知識
・猫も飛脚も入居者も幸せに!「宅配ボックス」導入のススメ

2017年3月
・先手必勝!賃貸現場のありがちトラブルと対応策
・民法改正も間近!いまどきの“現状回復”基礎知識
・古い・汚いお風呂をお手軽リフォームで空室対策

2017年2月
・引っ越しシーズン最盛期に乗り遅れるな! 今から間に合う空室対策のアイディア10
・電気に続いてガスも自由化!賃貸経営者としての基礎知識
・事業専従者や法人化で控除分をカバー 2017年度税制改正 配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し対策

2017年1月
・確定申告で損しないためのチェックポイント
・「色」を味方にしてお部屋の魅力アップ
・2017年、多様化する賃貸経営トレンドを探る

2016年12月
・賃貸住宅も住宅性能を重視する時代が到来!
・大空室時代!調査とテナントリテンションで入居率の確保を!
・不動産経営にも有効!宅建士を目指しませんか。

2016年11月
・一戸建ての賃貸の庭木・雑草の剪定・除去の義務
・トイレから考える空室対策
・賃貸不動産ビジネスの歴史

2016年10月
・大家さんのマイナンバー
・定期診断・メンテナンスの重要性
・2022年問題にどう対応する

2016年9月
・ポケモンGOは不動産市場を変える?
・リノベの時代!アンケートから紐解くリノベの入居者志向
・防災訓練のへの参加を呼びかけ、地域住民との交流を図る

2016年8月
・日本に民泊の最新事情
・雑草退治は空室退治!除草の話
・追加投資コストの収支判断の仕方

2016年7月
・「新耐震」基準でも倒壊!?
・夏本番!エアコントラブルは対策は万全ですか?
・税金対策?相続対策?法人設立はどうお得?

2016年6月
・梅雨時のクレーム対応のポイント
・ペット共生型賃貸住宅でストレスのない豊かな暮らし
・業界人なら知っておきたい2019年問題

2016年5月
・変わる未来の部屋探し
・騒音問題への対応
・対策をしておきたい害獣・害虫

2016年4月
・ペット飼育の場合の現状回復について
・少しの違いで大きな差!メールボックスの話
・タウン・マネジメントが賃貸を変える

2016年3月
・「家族信託」の活用で上手な資産コントロールを
・給湯器凍結対策について考える
・契約締結前キャンセル時の対応

2016年2月
・電力小売りの完全自由化
・デザイン=価値
・住宅用火災警報器の設置はお済ですか?

2016年1月
・空き巣に狙われない賃貸住宅
・賃貸住宅にもユニバーサルデザインを
・LED照明の時代が迫っている

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2018.02.17

ルネスマンションのモデルルーム見学会を開催します

皆さん、こんにちは。

連日のオリンピックでの熱戦、ご覧になってますか?
私も、テレビに釘付けの毎日ですが、
選手の皆さんの頑張りを見ていると、元気をもらって
寒さまで吹き飛ぶようですね。

さて、来週2/24(土)、25(日)
ルネスマンションのモデルルーム見学会を開催します。

近頃、川越でも多く新築賃貸物件が建っていますが、
満室になっている物件には、立地のほかに、入居者様が喜ぶ特徴がある所が多いようです。

私たちがご提案しているルネスマンションも
入居者様からは「家賃が高くても住みたいマンション」として、
オーナー様からは、「特徴的で、満室経営できる賃貸マンション」として多くのご支持頂いております。

そのルネスマンションの特徴と言えば、ロフト、DENと、床下収納ですが、
どちらもなかなか写真や言葉だけでは伝わりづらい部分です。

「ルネスマンションのロフトと、DENってどうなってるの?
・・・上下で使うってどういうこと?!」

「床下収納ってどれくらいの大きさ?!」

そんな疑問も、百聞は一見にしかず!

川木建設のルネスマンション ロフト+DENで空間を有効活用

モデルでは、写真や言葉だけでは伝わりづらい作りや、
DENに椅子を置いて、実際に座ってみたときの適度な囲まれ感など、
実際の生活イメージとともに、ご体感できます。

是非、この機会に入居者様が喜ぶ、コンパクトで機能的な
空間を是非ご体感ください。

皆様のご来場をお待ちしております。

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2018.01.21

「満室経営最前線」セミナーを開催します

皆さん、こんにちは。

来週1/27(土)、今年第一回目の小江戸塾は
「満室経営最前線」と題し、空室対策セミナーを開催します。

年も明け、引っ越しシーズンとなりましたが、
入居者さんの退去連絡に、はたまた募集の状況に
ドキドキしている大家さんも多いのではないでしょうか?

市場には強力なライバルとなる新築物件がどんどん供給されていますが、
その中で選ばれ続けるためには時代に合ったアップデートが欠かせませんね。

今春の空室対策として、アップデートのキーワードをあげるとすれば、

(1)セキュリティ
(2)宅配ボックス
(3)インターネット環境 の3つでしょうか。

(2)の宅配ボックスは、昨今のネット通販の拡大によるものです。
2015年の総務省の調査によると、ネット通販の利用率は
実に約72.2%にものぼるそうです。
また、最近ではメルカリのような、個人間の取引も活発になってきていますが、
やはり宅配便などが利用されてます。
家を空けることが多い一人暮らし世帯では荷物の受け取りが難しく、
再配達の連絡も手間だったりしますが、不在でも荷物が受け取れる宅配ボックスは
入居者さんだけではなく、業者さんにとってもあると喜ばれる設備です。

(3)のインターネット環境
インターネット環境を備えたいわゆる「インターネットマンション」は昔からありました。
しかし、当時のそれはLAN(ジャック)とパソコンをつなぐための設備でした。
それが、今は、皆がスマホを持ち、家電をはじめ、
あらゆるものがネットと無線でつながるIotの時代です。
無線のインターネット環境はこれも当たり前のように
整備しておく時代がきてもおかしくありません。

また、引っ越しサイクルが比較的短い単身の方からは
引っ越の度に回線を引いて、プロバイダと契約して・・・
というネット環境の構築が面倒という声も多くきかれます。
ですので、ボタン一つで初めからかネット環境につなげられる
無線インターネットの環境は重宝されているのです。

このように、入居さんのライフスタイルはどんどん変化しています。
できれば時流を読みながら、ライフスタイルを知り、先手で対策をしていきたいところです。
時代とともに進化していけるように、一緒に勉強していきましょう!

次回小江戸塾のご案内はこちら

第61回 資産活用大学 小江戸塾 全国の賃貸経営ノウハウに学ぶ「満室経営最前線」

川越エリアの相続相談なら、川木建設の不動産のプロにおまかせ 不動産相続の相談窓口

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.12.14

2017年の小江戸塾を振り返る

皆さん、こんにちは。

今年も残すところ3週間を切りました。
年末ということで、過去のブログを見返しながら、
2017年の小江戸塾を振り返っていきたいと思います!

まずは、新年早々、トランプ大統領が就任した1月、
財間先生による「遺言」のセミナーを開催しました。
過去数回、遺言をテーマにしたセミナーを開催していますが、
この回は過去最多のご参加があり、皆さんの関心の高さが伺えました。

そして、こんなエピソードが印象的でした。
財間先生の事務所にふらっとお客様が来て
「遺言の雛形を下さい」と言われたことがあったそうです。
それに対して、先生は「遺言の雛形はないです」と答えたそうです。
遺言はあくまで想いを遺す手段であり、
財産も、相続人も、事情もそれぞれに異なるとうことですね。

続いて、眞子様のご婚約が報じられた5月、
初めて「片付け」をテーマに開催しました。

今や社会問題になりつつあると言われている「実家の片付け」。
高齢な親を持つ子供としては、「元気なうちに片付けをして欲しい」と望むところですが、
現実には上手くいかず、喧嘩になってしまって諦めてしまうケースが多いそうです。
その原因として多いのが親子間での物に対する考え方、価値観に違いですが、
それをどのように乗り越えるか、心構えや方法について戸田先生から教えて頂きました。
資産か物か形は違っても、不要なもの、残したいものをしっかり色分けすること、
それはまさに相続対策ですね。

そして、上野のパンダ「シンシン」の誕生に沸く7月、
「カラーテクニック講座」を開催しました。
色の専門家として、テレビにも出ていらっしゃる二宮恵理子先生による講演でした。
二宮先生の鮮やかな真っ赤なワンピース姿が印象的でしたね。

普段何気なく選んでいる色には様々な印象があるということ。
温かい、寒い、さわやか、派手、広い、狭い、若々しい、都会的、高級感など、
様々な印象を作り出すことができます。
色を上手く使うことで、お金をかけずとも入居者に選ばれるように
物件の印象を自在に変えることができます。
外壁や、部屋の壁紙の色選びがもっと楽しくなる、そんなセミナーでした。

皆さま、今年の小江戸塾はいかがでしたでしょうか?
来年も皆様に「来て良かった!」「役に立った!」と言っていただける
勉強会にしていきたいと思います。

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.11.19

第60回小江戸塾と交流会を開催しました

皆さん、こんにちは。

11/18(土)、川越プリンスホテルにて、
第60回小江戸塾と交流会を開催しました。
今回は60回記念ということもあり、寒い中でしたが50名近くの多数のお客様にご来場頂き、
大盛況のうちに終了することが出来ました。
ご来場頂いた皆さま、ありがとうございました!

川木建設の土地活用セミナー「小江戸塾」

川木建設の土地活用セミナー「小江戸塾」地主様交流会
セミナー後に行われた交流会も大盛り上がりで、
皆様と楽しいひと時を過ごすことができました!

川木建設の土地活用セミナー「小江戸塾」講師 岡本誠司先生
小江戸塾は“60”回、岡本先生も“60”歳ということで、
お決まりの赤いちゃんちゃんこのお祝いです!

さて、今回のセミナーでは相続対策に関連して、
「介護の先に相続が発生する」というお話がありました。
レジュメにもありました通り、厚生労働省によると
いわゆる介護期間である「自立生活困難期間」は男性で平均9.13年間、
女性で12.68年間という統計データがあるそうです。

「介護の先に相続が発生する」という言葉にもある通り、
介護状態や、認知症になってから相続発生というのが普通であって、
普通に生活していて、ある日突然亡くなるというケースは少ないのかもしれません。

そう考えますと、相続対策までに実質的に残された時間はあまり多くはないとも言えます。
介護状態や、認知症になってしまうと相続対策として出来ることは減ってしまいます。

自立生活困難期間と、日本人の平均寿命とを掛け合わせて計算しますと、
男性は80歳-9年間=71歳、女性ですと87歳-12年間=75歳となります。
人の命はいつどうなるか、誰にもわかりませんが、
数字としては最低ここまでには相続対策を終えておく必要があると言えます。
やはりよく言われている通り、今がお元気であったとしても、
相続対策は早いに越したことはないですね。

是非、相続対策はお元気なうちにご相談ください。
川木建設の「不動産相続の相談窓口」までお気軽にどうぞ!

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.10.22

次回小江戸塾は「知識不足は資産を減らす」です

皆様、こんにちは。

来月11月は小江戸塾の開催月です。
小江戸塾は次回で何と、記念すべき60回を迎えます!
年6回のセミナーですので、次回でちょうど10年を迎えることになります。
皆様のご愛顧、誠にありがとうございます。

記念すべき次回のテーマは、小江戸塾ではおなじみ
資産活用大学主宰 岡本誠司先生による「知識不足は資産を減らす」です。

「知識不足は資産を減らす」
思い返せば今から10年前、第一回目のセミナーもこのタイトルでした。
過去にも数回講演をされていますので、
いつもご参加いただいている皆様にはお馴染みのテーマですね。

改めて、この「知識不足は資産を減らす」シリーズについてご説明しますと、
毎回90分の講演時間で土地活用や相続、賃貸経営に役立つヒント(毎回25項目程度)について
お伝えをするセミナーです。
岡本先生ならではの要点を凝縮したテンポの良い解説や、
わかりやすいレジュメも人気で、受講された皆様からは内容はもちろんのこと、
土地活用や相続、賃貸経営の様々な気付きを得られると毎回好評を頂いているシリーズです。

第一回目のセミナーから10年経ち、同じタイトルでの開催となりますが、
「知識不足は資産を減らす」この言葉の意味するところは、当然今も全くも変わりません。
しかし、地主様、大家様を取り巻く環境は大きく変わってきています。
相続税が増税となり、民事信託も一般化してきました。
このような環境の変化について、90分の講演を聞くだけで一度にいろいろ学べる、
いわば、ダイジェスト版というべきセミナーはとても重宝されています。
これを聞くだけで、最新の情報や、世の中の流れについての知識を得られる、
そんな安心感も同タイトルにファンが多い理由の一つでしょうか。

初めての方も、いつもご参加されている方も、
はたまた足は遠ざかってしまった方も、是非ご参加ください。
資産を減らさないために、一緒に勉強をしていきましょう!
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

この記事のみを表示する(印刷用)
  • 川木建設の施工実績
  • 川木建設物件のオーナー様の声

お問合せ