会社概要・アクセス

記入者: 神山貴寛
担当業務: あなたの家族を守る土地活用パートナー
2017.12.02
第4回笑顔相続シンポジウムに出席してきました

皆さんこんにちは。
今年の相続勉強会は終了してしまいましたが、
相続相談を受けることが多い身としては最新情報の学習も継続が必要です。

じつは来年の税制改正で検討されている、相続がらみの内容って結構多いんです。

大きな土地を持つ方には「広大地評価の廃止」というのが大きなニュースだと思います。
土地評価額を大幅に下げる効果があると言われている広大地評価ですが、
その適用要件がわかりにくく、相続評価を行う際に税理士ごとにかなりバラつきのあった項目です。
適用要件をわかりやすくすると同時に、評価減割合が減少する、そういう動きがあるんですね。

また、小規模宅地の評価減にもメスが入ります。
現行の「要件を満たせば評価減」というところをついて相続税逃れのための適用狙いが増加したそうです。
そこでこちらは要件を更に厳格化し、適用しないことが相当という案件について、今後適用から外していこうという流れです。

普段の何気ない生活では、いくら新聞紙面に載っていようがTVのニュースで取り上げられようが、
意識の中を素通りして頭には残らない情報かもしれません。
これからも最新情報をわかりやすい形でお知らせしたいと思います。

さて、昨日は一般社団法人相続診断協会の主催する『第4回笑顔相続シンポジウム』に出席してきました。
私も取得し、使用させていただいている『相続診断士』の年に一度の集まりです。

相続診断士というのは、“士”とついていますが弁護士や税理士のような国家資格ではありません。
難しい内容が多く、誰に相談したら良いかわからないという、ごく一般的な人たちのために、
相続に関する情報を提供し、交通整理を行い、ご家族みんなが幸せな相続をお手伝いする役割を担っています。
相続診断士の理念を一言であらわしたものがこの『笑顔相続』という言葉です。
もちろん相続は人の死で発生するものですから笑顔とは縁遠いものです。
しかしそれでも、故人の遺志をきちんと次代に引き継いで相続が行えれば、
ご家族みんなが相手を思いやる『笑顔相続』となれることを信じています。

私たちが掲げる『あなたの家族を守る土地活用パートナー』と根底で通じるものがあるため
いつも勉強させていただいております。

シンポジウムでは教育の観点から相続を語る講演があったり、
笑顔相続落語というコンテンツがあったり、
とかく難しいと言われる相続に対して一般の方にもわかりやすく、そして自分のこととして
捉えてもらうための様々な工夫がありました。

川木建設 相続診断士 第4回笑顔相続シンポジウムに参加

第4回相続シンポジウム落語講演「天国からのラブレター」

相続診断士は様々な分野の第一人者で構成されています。
中には弁護士・税理士・司法書士・行政書士・ファイナンシャルプランナー・保険業界・不動産業界などじつに様々な方がいらっしゃいます。
日本中に28000人いるという相続診断士のネットワークも活かしながら、
今後もお客様の相続のお悩みにあたっていきたいと思います。

相続診断協会では下記の書籍を12月8日に発売します。
『笑顔で相続を迎えた家族 50の秘密』

実は私もこちらの書籍にひとつの事例を寄稿させていただいています。
たったひとつのエピソードですが、人生初、書籍に著者略歴なんてものが載ります(笑)
執筆というほどのものではないですが、きちんとした校閲の方に添削をしていただくなどして
できあがった文章です。
とても良い経験をさせてもらいました。

第4回笑顔相続シンポジウム


あと本文とは関係ないですが、新橋駅前でNHKの方に取材をされました(笑)
年末の特番で何かしゃべっている姿が映るかも(;^_^A

今年もあと一ヶ月でおしまいですね。
大掃除、年賀状の他に、家族で一度相続のお話をする機会をもってみませんか?

氏名: 神山貴寛
担当業務:あなたの家族を守る土地活用パートナー

自己紹介:明るく楽しく前向きに! 世の中は一期一会。自分との出会いをきっかけに、皆さんに幸せになっていただきたいと思います。そのために、とにかく一生懸命やります!

<< 前の記事へ
次の記事へ >>
  • 川木建設の施工実績
  • 川木建設物件のオーナー様の声

お問合せ